囲碁ハウスへ/NHK杯表紙へ/囲碁ネット古書店へ

NHK杯に学ぶ囲碁
(2011年4月3日放送)

をクリックして棋譜を再現して下さい。No.を押すと数字が消えます。盤面をクリックすると石が打ててしまいますが、リセットを押せば最初から再現できます。

黒、謝依旻女流本因坊対白、瀬戸大樹七段の対局。

2011年度の開幕戦。黒が地に走り、厚みの白がどう対抗するかという碁です。

(13・変化図6)この変化図は穏やかな定石とのこと。

(36・変化図5)ここでは生きることは出来るが、このように白に厚みを築かせてはダメとの解説。

(43・変化図4)白もキリたいが、はねだした黒を簡単には取れなさそうです。

(66・変化図3)この変化図のような反撃は黒も怖いと言うことで実戦はハイとなりました。

白86は狙いの一つですが、解説の山田九段によると、早すぎたのではと。そして黒97までつながって優勢に。局後、この白86を敗着とまで言っていました。

(145・変化図2)ここで上辺の切り取りは大きな手で、手抜くとさらにこの変化図のようになります。しかし、(後手になっても)黒は残しているのでは、と。

(163・変化図1)オサエルとどうなるのか。これは黒ツブレで、黒2と切れませんが、それでもその方が得だったのでは、との解説。

先に走り、終始攻勢を取った黒が最後まで残し、結局263手で黒の5目半勝ちとなりました。

先週の囲碁対局へ/来週の囲碁対局へ

囲碁ハウスへ/NHK杯表紙へ/囲碁ネット古書店へ