囲碁ハウスへ/NHK杯表紙へ/囲碁ネット古書店へ

NHK杯に学ぶ囲碁
(2010年9月12日放送)

をクリックして棋譜を再現して下さい。No.を押すと数字が消えます。盤面をクリックすると石が打ててしまいますが、リセットを押せば最初から再現できます。

黒、陳嘉鋭九段 対 白、河野臨九段の対局。

コウがいくつも発生した複雑な碁でしたが、形勢は見ていた通りに進んで、面白さという点ではイマイチだったでしょうか。

(38・変化図6)さえぎるのは、このような変化になり、これは眼のない黒が攻められ大変との解説でした。

(44・変化図5)ハネるのは、この変化の他、どのように進んでもコウにされてしまうとのこと。

(47・変化図4)カケツグのは置かれて、回りの黒が強い為、危ないということでした。

(70・変化図3)ノビル変化は、このようになり、つながってもつまらないとの解説。

(86・変化図2)出て行って攻め合いを目指すのは、このような変化になり黒がうまくいかないとのこと。中だけでは黒は生きられずまずいようです。

(166・変化図1)押さえるのは、変化図白2があり、支え切れません。

下辺で、白がうまくやってからはずっと白優勢だったようです。
結果、220手まで白の中押し勝ちとなりました。

先週の囲碁対局へ/来週の囲碁対局へ

囲碁ハウスへ/NHK杯表紙へ/囲碁ネット古書店へ