囲碁ハウスへ/NHK杯表紙へ/囲碁ネット古書店へ

NHK杯に学ぶ囲碁
(2010年2月21日放送)

をクリックして棋譜を再現して下さい。No.を押すと数字が消えます。盤面をクリックすると石が打ててしまいますが、リセットを押せば最初から再現できます。

黒、井山裕太名人 対 白、張栩十段の対局。

ゴールデンカードで楽しみに見始めましたが、意外な結果でした。

(10・変化図6)実戦のツギとこの変化図6の黒1が定石で、黒1と打つと、このようになるとの解説。

(48・変化図5)立ってさえぎるのは無理。この変化図のようになるので、渡らせるしかないということですね。

(57・変化図4)この段階で、白は出づらいと言うことで解説してくれました。ただ、実戦は、いろいろ打った後、ここへはねだしています。

(94・変化図3)押さえて攻め合いにするのはちょっと無理のようです。この変化以外にもいろいろあるようですが、無理との判断で、黒95とカケツギました。

(106・変化図2)この変化図のように出て行って止めるのは黒が無理。そこで、黒107からですが、大変な勝負になりました。

(109・変化図1)感想戦で、白110とハネたのがちょっと無理だったとの話に。このように、上にハネておけばまだ先が長かったのかもしれません。

この後、中央に黒地が付きそうになり、大きなコウになりましたが、結局179手まで黒の中押し勝ちとなりました。

先週の囲碁対局へ/来週の囲碁対局へ

囲碁ハウスへ/NHK杯表紙へ/囲碁ネット古書店へ