囲碁ハウスへ/NHK杯表紙へ/囲碁ネット古書店へ

NHK杯に学ぶ囲碁
(2009年12月6日放送)

をクリックして棋譜を再現して下さい。No.を押すと数字が消えます。盤面をクリックすると石が打ててしまいますが、リセットを押せば最初から再現できます。

黒、山下敬吾棋聖 対 白、小林覚九段の対局。

次から次へと戦いが広がる面白い碁でした。感想戦も15分程度あり、今回変化図1以外はすべて感想戦での変化を載せています。

(15・変化図6)ブツカるとワタレるのかと思っていましたら、この変化のようになるそうです。部分的には黒十分とのこと。

(26・変化図5)この変化図のようにしておいた方が黒は良かったとの話。

(40・変化図4)この変化図が最初の読みということでしたが、これは黒も相当怖く、打ち切れないかもしれないと言うことでした。

(67・変化図3)ここで上辺を生きるより、捨ててしまった方が良かったとの感想。

(69・変化図2)仮に生きるのでも、ケイマに外してこの変化図のように生きた方が実戦より良かったようです。それでも捨てる変化図3の方がなお良しとのこと。

(132・変化図1)これだけは実戦中の解説。もし、下辺を打つと、このようにワタリが残ってしまうということです。

途中、黒が頑張り過ぎて白も面白くなったようですが、その後うまくまとめたのはさすが棋聖でした。結局、157手まで黒の中押し勝ちとなりました。

先週の囲碁対局へ/来週の囲碁対局へ

囲碁ハウスへ/NHK杯表紙へ/囲碁ネット古書店へ