囲碁ハウスへ/NHK杯表紙へ/囲碁ネット古書店へ

NHK杯に学ぶ囲碁
(2009年11月8日放送)

をクリックして棋譜を再現して下さい。No.を押すと数字が消えます。盤面をクリックすると石が打ててしまいますが、リセットを押せば最初から再現できます。

黒、片岡聡九段 対白、梅沢由香里女流棋聖の対局。

ギリギリの戦いが続く面白い碁でしたが、どこで形勢が悪くなっていったのかが分かりづらかったです。

(38・変化図6)黒39は大事な所。たとえば、ここを打っておかないと、単純にこの変化図のように決められても白十分。

(54・変化図5)黒55も大切なハネとのこと。この変化図のようにキリたいが、逆にハネられるとこのように白十分になります。

(126・変化図4)黒は127とコウを取り返して、上辺の白に圧力をかけましたが、ここでは3三のツケを防いで、変化図の黒1と打っておいて十分ではないかとの解説。

(140・変化図3)もしここを手抜くと、ツケコシから切る筋があります。

(164・変化図2)殺す為には黒165から行く。これを打たないとこの変化図のように白生き。

(184・変化図1)押さえても全部取れるか、下につながることができます。

少しずつ白が大変になり、勝負手を放つも届かなかった感じ。右の黒を無条件に取れないと苦しそうです。結果は、193手で黒の中押し勝ちとなりました。

先週の囲碁対局へ/来週の囲碁対局へ

囲碁ハウスへ/NHK杯表紙へ/囲碁ネット古書店へ