囲碁ハウスへ/NHK杯表紙へ/囲碁ネット古書店へ

NHK杯に学ぶ囲碁
(2009年8月9日放送)

をクリックして棋譜を再現して下さい。No.を押すと数字が消えます。盤面をクリックすると石が打ててしまいますが、リセットを押せば最初から再現できます。

黒、梅沢由香里女流棋聖対白、石田篤司九段の対局。

右下の白模様、上辺の黒模様がどのようになるのか興味を持って見ていました。その後の戦いも面白かったです。

(22・変化図6)黒がすぐに逃げだそうとすれば逃げられないことはないものの、このように打たれても得はしないと言うこと。

(30・変化図5)普通はカケツギでそう打つのかと思っていましたら、カケツギはこの変化図のようになり、のちのちオキが嫌と言うことでした。

(36・変化図4)ハサミツケて受けるのが筋と言うことですが、この場合はうまくいきません。

(57・変化図3)平凡にツナグのはこのような狙いがあるそうです。

(73・変化図2)ツイで頑張るのは、相当いじめられそうですし、危険でもありますね。

(116・変化図1)黒117では、この変化図の1のように出てみたいと解説していました。この変化ならどうだったか。実戦は、白優勢なまま進んでいきましたが、終盤にすごいフリカワリが待っていました。

黒159からの数手で大きくフリカワリ。これでだいぶ得をした黒が逆転。結果は234手まで黒の1目半勝ちです。

先週の囲碁対局へ/来週の囲碁対局へ

囲碁ハウスへ/NHK杯表紙へ/囲碁ネット古書店へ