囲碁ハウスへ/NHK杯表紙へ/囲碁ネット古書店へ

NHK杯に学ぶ囲碁
(2009年6月28日放送)

をクリックして棋譜を再現して下さい。No.を押すと数字が消えます。盤面をクリックすると石が打ててしまいますが、リセットを押せば最初から再現できます。

黒、古谷裕七段 対 白、秋山次郎八段の対局。

常識的な布石から左辺で小競り合いが始まりどうなるのだろうと思いながら見ていました。ずっと細かいまま推移し、どちらが良いのか分かりませんでしたね。

(13・変化図6)実戦の受け方は自然。この変化図のようにかわす方法もあるということでした。

(40・変化図5)サガって攻めを見る打ち方もあるそうです。現時点ではキラレても戦えます。

(44・変化図4)オサエてキルとどうなるのだろう?と思って見ていたら解説してくれました。但し、この変化図になると白ツブレなのでもちろん白はこのようには打たないと言うことです。

(55・変化図3)二子を捨てるという考えにはビックリしました。捨てずに打つとこの変化図ですが、本譜、捨てても他で得をするので損にはならないとのことでした。

(64・変化図2)左辺の黒を捨ててしまう打ち方もあるそうです。白もこのように取るよりはもっと効率の良い攻めがあるかもしれないと言っていました。

(101・変化図1)変化図のように打つ打ち方もあると言っていましたが実戦はツナギ。

見ていても細かい碁でいったいどちらが優勢なのか分かりませんでしたね。本譜は242手まで黒の3目半勝ちとなりました。

先週の囲碁対局へ/来週の囲碁対局へ

囲碁ハウスへ/NHK杯表紙へ/囲碁ネット古書店へ