囲碁ハウスへ/NHK杯表紙へ/囲碁ネット古書店へ

NHK杯に学ぶ囲碁
(2009年6月21日放送)

をクリックして棋譜を再現して下さい。No.を押すと数字が消えます。盤面をクリックすると石が打ててしまいますが、リセットを押せば最初から再現できます。

黒、陳嘉鋭九段 対 白、清成哲也九段の対局。

比較的ゆっくりした布石で進みましたが、右の白模様がどうなるか興味を持ってみていました。最後の黒の3三入りに対する白の打ち方にも感心です。

(20・変化図6)切ってもすぐに取れる訳ではないけど、右側をキカセばということです。

(36・変化図5)ハネ出すのはこのような進行が予想され白地が大きいという判断。

(99・変化図4)ここで出て行くのは、この変化図のようになりうまくいかない。

(102・変化図3)黒が手を抜けばこの変化図のように攻めて黒が危ない。攻め方として参考になります。

(118・変化図2)黒は109のゲタで取れていると思ったのが失敗。仮にこの変化図のようにつないでも取り切れません。

(130・変化図1)もしさえぎったらということで並べてくれた変化。ツケにオサエて攻め合っても白勝ち。

白ペースで進んだ後、黒141の3三入り。これに対する白142からの取り方は勉強になりますね。
結局ここもうまく凌がれ178手まで白の中押し勝ちです。

先週の囲碁対局へ/来週の囲碁対局へ

囲碁ハウスへ/NHK杯表紙へ/囲碁ネット古書店へ