囲碁ハウスへ/NHK杯表紙へ/囲碁ネット古書店へ

NHK杯に学ぶ囲碁
(2009年6月14日放送)

をクリックして棋譜を再現して下さい。No.を押すと数字が消えます。盤面をクリックすると石が打ててしまいますが、リセットを押せば最初から再現できます。

黒、中小野田智己九段 対 白、今村俊也九段の対局。

今回も地の大きさと模様の釣り合いがどうなのか見ていましたが、予想外な展開になりましたね。早く終わり感想戦が20分以上あったため、以下の変化はすべて感想戦でのものです。

(18・変化図6)すぐにツケる方が良かったとのことです。この図になるなら勢力の方が十分。

(22・変化図5)中を生きた方が良かったかとの感想。

(36・変化図4)黒37では、すぐに攻めていったらどうなったのかの検討。この変化図のようになれば黒成功。実際は難しいのでしょうが。

(47・変化図3)黒47と守ってもまだスミには手があるのでは、と中小野田九段は話していました。かなり味が悪いと。

(73・変化図2)白74とハネずにこの変化図のように打ったらどうかと解説の淡路九段。

(111・変化図1)白112が敗着。ここはオス一手で、これならまだ白が良かったのはとの感想でした。

右辺の白がこれほど危険だとは(今村九段は)考えていなかったようです。白の失着もあったのでしょうが、黒がうまく攻めて133手で黒の中押し勝ちです。

先週の囲碁対局へ/来週の囲碁対局へ

囲碁ハウスへ/NHK杯表紙へ/囲碁ネット古書店へ