ホームへ戻る/NHK杯表紙へ

NHK杯に学ぶ”感動、感心の一手”
(2008年4月27日放送)

をクリックして棋譜を再現して下さい。No.を押すと数字が消えます。盤面をクリックすると石が打ててしまいますが、リセットを押せば最初から再現できます。

黒、後藤俊午九段 対 白、加藤啓子六段の対戦。

黒の厚みに白の地と興味のある進行だったのですが、意外なところから戦いになり、最後は思っても見ない結果となりました。

右上、黒13から始まった変化は定石のままでした。黒37までどちらを持ちたいかは人によるとのことです。しかし、次の白38では下辺の大場が大きいとの解説でした。

(49・変化図5)ボウシにすると変化図4の黒2が急所と言うことでした。これは覚えておきたいところですね。

(59・変化図4)すぐキッた場合の一変化。シチョウに抱えられれば成功ということで、こうはならないのでしょうが。

(84・変化図3)キッた場合には、ということで並べられたのがこの変化図。

(111・変化図2)ツキアタッてアテておけば凌げるのでは、と話していましたがどうだったのでしょうか?

(132・変化図1)もしツゲば、ということで並べたのがこの変化。しかし、実戦黒133で両方受かるとのこと。この辺りのどこかに誤算があったのかもしれません。

中央の白を凌いで良い勝負かと思ったのですが、それでは足りないと見てか、頑張り過ぎたようです。
結局、中の大石が死に、165手まで黒の中押し勝ちとなりました。

先週の対局へ/来週の対局へ

ホームへ戻る/NHK杯表紙へ